恋空信者Uncyclopedia

98%ネタコンテンツ
笑って流せない奴はUターン

《目次》

・用語
恋空教
聖典「恋空」
恋空原理主義
週刊恋空

・重要人物
聖ヒロ
救世主ミカ
田原美嘉

・恋空信者
オタツリ
夏目ナナ



‐用  語‐

■ 恋 空 教

恋空教(こいぞらきょう)とは、唯一絶対の神・スイーツ(笑)を信じ、田原美嘉を救世主タッハーラ・ミカと崇め、聖典「恋空」に記されたミカの善行と教えを信じ従う新興宗教である。世界における信者数は1200万人以上と言われているが、NHKの出口調査では2000人にも満たない事(2007年12月現在)が分かっている。
救世主タッハーラ・ミカは自分の体験してきた様々な苦難と、自らが行った「聖なる行い」を「魔法のiらんど」に掲載し、爆発的に信者を増やした。しかし聖典の書籍化・映画化において、世間の常識人から聖典の内容とミカが所構わずやる「聖なる行い(性交)」を批判をされ、信者数も激減した。
そうした中、信者は穏健派と過激派に分かれ、特に過激派は聖典「恋空」に批判的な人物(常識人)に対してジハード(聖戦)と称して数々の誹謗中傷をしたり、「自演テロ」「同時多発あはは」などの過激な活動をしている。
過激派の中ではオタツリ、夏目ナナ等が著名である。特に、この二人には最高位である“師”の称号が与えられている。
信者たちは日に108回は「アッラー、スイーツ(笑)」と言わなければならず、また日に6時間以上は聖地「美嘉ブログ」にアクセスし続けなければならない。



■聖典「恋空」

「恋空」(こいぞら)とは、2006年頃に成立(書籍化)した恋空信者たちの聖典である。
救世主タッハーラ・ミカの青春時代における様々な苦難と善行(性交)が綴られており、すべて「実話」とされている。しかし、内容については書籍化前後から数々の矛盾点、不明瞭な文章表現が指摘されており、現在は偽書とされている。
それでも聖典は大量に出回っており、ブックオフでは安く手に入る。



■恋空原理主義

恋空原理主義(こいぞらげんりしゅぎ)とは、恋空的な恋愛・青春のあり方を信じ、実現を目指す思想・活動のことである。
穏健派・過激派問わず、恋空信者全員がこの原理主義に属す。最近はもっぱら過激派のことを指す言葉だと思われがちだが、穏健派もこれに属していることに注意してもらいたい。



■週刊恋空―Weekly koizora―

「週刊☆恋空」とはスイーツ出版が創刊した週刊誌である。全国の書店・コンビニ発売されている。また、恋空教では機関誌に指定されており、信者は1人10冊以上の購入、配布が義務づけられている。
『お悩みレスキュー!?美嘉様のレンアイ110番♪』『恋空ッ仔1000人に聞いちゃいました★アンケート結果大はっぴょ〜?!!』など、多彩で魅力的なコーナーが掲載されている。また、有名漫画家による連載も予定されている。[1]




‐重 要 人 物‐

■聖ヒロ(生没年非公開)

聖ヒロ(せいヒロ)とは聖典「恋空」に登場する人物で、救世主ミカに従った男性である。本名は桜井弘樹。恋空教では殉教者に与えられる最高位”聖人”に列せられており、名前の冒頭に”聖”を付与される。
聖典「恋空」の記述によれば、聖ヒロは桜井弘樹として青春を謳歌していた頃に救世主ミカと出会い、気に入られ、何度も洗礼(性交)を受けた。
洗礼は自身が末期ガンになっても、(無理やり)続けられたという。
とても可哀想な・・信心深い人物である。
ガンと診断されても入院せずに、シンナーや煙草を吸うというお茶目な一面をもっているが、それは”聖人”だからこそできることであり、よい子(常識人)は絶対にマネしてはいけない。
最後は川原にて、救世主ミカと半ばヤケクソ気味に洗礼を決行し、ミカの胎内に子供を宿してやっと解放された・・ではなく昇天した。
生前に「君空」という福音書を残した。と、言われている。
死後なぜか成仏できずに浮遊霊となり、頭に2本の角が生えて巫女装束の姿になってしまう。
その後、偶然再会した美嘉に仕方なくとり憑く。
現在は、美嘉を後ろからそっと優しく見守っているが、美嘉が恋空教の教祖となり、勝手に自分との恋愛を脚色して編纂した聖典「恋空」を出版して金儲けしていること、さらには同性愛に走ってしまった事に嘆いている。
霊になった後の口癖は「あぅあぅ」である。別に深い意味はない。
いろいろと苦労の絶えない人物である。ご冥福をお祈りいたします。



■救世主ミカ(2000〜)

救世主タッハーラ・ミカ(きゅうせいしゅタッハーラ・ミカ)とは、新興宗教団体「恋空教」の教祖であり、唯一神・スイーツ(笑)から「神の啓示」を受けた偉大な預言者である。聖ヒロとは恋仲だった。
21世紀、「魔法のiらんど」に自身の恋愛と受難を描いた聖典「恋空」を発表し、多くの迷える仔羊たち(中高生)を救った。
聖典は書籍化・漫画化・映画化されており、恋空教は全国に広がった。
現在はブログ上でではあるが、「救いの言葉」を全世界に向けて発信している。



■田原美嘉(198?〜)

田原美嘉(たはらみか)は、岡山県苫田郡西加茂村(現・津山市加茂町)出身の女性。新興宗教団体「恋空教」の教祖であり、聖典「恋空」の作者、救世主タッハーラ・ミカ。
なお彼女の出身地である旧西加茂村は、あの「津山事件」が発生したことで知られている。
波瀾万丈の青春時代(16歳〜21歳)を過ごし、それを昨今のケータイ小説ブームに乗るかたちで世に「恋空―切ナイ恋物語」として発表した。それが中高生(のちの恋空信者)を中心に爆発的な人気となり、書籍・漫画・映画化された。
当初は実話として売り出していたが、今は「実話をもとにしたフィクションです。実在する人物、団体とは一切関係ありません」となっている。
それは美嘉が経験した「レイプ」「妊娠」が、実は全くのフィクションだったことと、ヒロとの「恋愛」と「死」の描写をバカな・・純朴な中高生(信者乙)が感動するように、大幅な脚色をしていたことがバレたからである。
しかし、美嘉はその事に全く反省しておらず、黙っていてもどんどん入ってくる印税(信者達からの「お布施」)で仕事もせずに毎日楽しく暮らしている。
救世主として恋空信者たちに「救いの言葉」を与えている美嘉ブログも、実は時給1200円のバイトを雇って更新させている。
現在は伊豆諸島の六軒島に建てた洋館で、ストーカー女子高生・ナナと二人で同棲している。




‐恋 空 信 者‐

■オタツリ(1916〜)

帝政ロシア末期から現代にかけて自宅警備員をしている落ちこぼれのニートである。主に一日中パソコン・ケータイに向かって掲示板を荒らす。自称"韓国人"、または電波少女・ナナとして自作自演を繰り返した。得意技は"あははははは"である。
元は恋空教の一信者だったが、徐々に過激派の様相を呈し、最後は「同時多発あはは」や「自演テロ」攻撃を仕掛け、姿を消した。一説には、恋人も友人もいない寂しさから、このような行動に出たと言われている。
死ねばいいのに。




■夏目ナナ(1992〜)

世紀の偽書「恋空」に並々ならぬ愛情を捧げる日本の女子高生。口癖は「あははははは」
同姓同名のAV女優とは別人。
かつては恋空掲示板で批判者たちと議論(一方的な中傷)を繰り広げ、うざがられた。しかし、なぜかその偏愛が徐々に恋空の作者・美嘉に向けられ、美嘉を執拗にストーキングするようになる。しまいには美嘉を監禁・レイープしてしまう。一説にはオタツリと同一人物だと言われているが、2007年12月の時点でもまだよく分かっていない。
現在は美嘉と(強制的に)同棲している。百合?[2]






※補足

[1]週刊恋空、元ネタ原文

「週刊恋空 Weekly koizora」
スイーツ出版
ミンナお待たせっ!魔法のiらんど発☆1600万人が涙した(;_;)奇跡の純愛物語が雑誌になったよ〜!!

『創刊記念・美嘉様特大インタビュー♪』
今は超有名★な美嘉様に、恋空に登場のアノ人の裏話や、未公開!?ヒロとのマル秘エピソードを聞きましたっ!更に美嘉様の素顔に迫る??恋空ファンなら見逃せないねっ(^_-)-☆
『お悩みレスキュー!?美嘉様のレンアイ110番♪』
恋空で様々な経験をした美嘉様が、アナタのお悩みをズバリお助けしちゃいます★彡ミンナで恋バナしよっ!!
『恋空ッ仔1000人に聞いちゃいました★アンケート結果大はっぴょ〜?!!』
「初デートで観に行った恋空のアト、彼が…//」ナド、ミンナの恋空体験を見せちゃいます。美嘉様へのラブレター†コンテスト優秀作も掲載!!

『応募者全員大サービス!羽田伊吹センセイ書き下ろし♪日めくり美嘉様』
《君は幸せでしたか?》《大事なのは結果より努力すること》ナド、恋空&美嘉様ブログの名言と、羽田センセイの恋空名シーンイラストとのミラクルコラボだよっ!更に、〈美嘉とヒロの出会い〉ナドナド、数々の恋空記念日つき↑↑一年間、ずーっと一緒にお祝い♪
他にも恋空星占い(シスター・エレン)、美嘉様オススメ春のスイーツRanking、iらんどケータイ小説案内ナドを収録!
今スグ本屋さんに直行だ〜(>_<)

URL:http://32.xmbs.jp/br2_res.php?ID=1192794&c_num=6907&disp=3&action=res&no=39839


[2]夏目ナナ補足

夏目ナナは、常時日本語でおkだった信者である
批判側にフルボッコされた時「私は美嘉さんの為に戦うって決めたの」「私には美嘉さんがいるから平気だもん」というような事を言ったが為に、こんなネタキャラにされてしまった




恋空アンサイクロペディアより
面白過ぎるww





***
08/1/10更新 「週刊恋空」追加


[TOP]

- mono space -